東京の井戸

慶應通信で学ぶ20歳の、学びと読書の記録。

「想起」が最強の学習法である理由|『使える脳の鍛え方』書評

広く行われている「テキストの繰り返し読み」「集中練習」といった学習法を否定し、「想起学習」こそが本当に定着する学習法であると主張する『使える脳の鍛え方』を書評しました。

『知的生産の技術』を読んだ。勉強こそ「方法」が大事

梅棹忠夫『知的生産の技術』を読みました。1969年の刊行でありながら、現在でもなお色褪せない「考える方法」を与えてくれる良著でした。

『動画2.0』を読んだ。活字の未来は暗い?

明石ガクト『動画2.0 VISUAL STORYTELLING』を読みました。これから動画中心のメディアに移行していく中で、活字は廃れていくのか。そんなことを考えました。

『ヒトラーの経済政策』感想

武田知弘『ヒトラーの経済政策』書評。悪の権化のようなヒトラーだが、経済政策ではめざましい成功をおさめていた。いま一度、ヒトラーの功罪を問い直す。

三秋縋『スターティング・オーヴァー』感想

こんにちは。東京のひとです。 三秋縋は、私が最も好きな作家のひとりです。彼が「げんふうけい」という名義でWeb上に小説をあげていた頃から、いつも更新を楽しみにしていました。 今日は、三秋縋の処女作『スターティング・オーヴァー』を紹介します。

【2018】今年買ってよかった本3選

年間70冊以上を読んだ筆者が、2018年に買ってよかった本3冊をまとめました。

『効果がすぐ出るSEO事典』から、ブログのSEOは結局記事の質だと気づいた

こんにちは。東京のひとです。 今日は『効果がすぐ出るSEO事典』を読み、SEO視点から当ブログのブラッシュアップを行っていました。 ブログで使うことを前提に本書の内容をまとめてみます。

『反脆弱性』書評② 個人の脆弱さと集団の脆弱さ、そして私たちのキャリア

ニコラス・タレブ『反脆弱性』書評第2回目の今回。個人の脆弱性と集団の脆弱性を考えて、自分のキャリアについて考えました。

人生に即戦力!『まんがで読破』で即席の教養を身につけるオススメ3冊

『まんがで読破』シリーズのオススメ3冊をまとめました。

『かがみの弧城』を読んで、中学の頃の繊細な感性を思い出した

学校に行けなかった過去を持つ20歳が、辻村深月『かがみの孤城』を読みました。

『沈黙のWEBライティング』を読み、SEOに配慮したブログ記事は読者の求めるものを与える記事だと気づいた

『沈黙のWEBライティング』を読んで、SEOのことや真に読者のことを考えたブログとは何か考えてみました。

考えを文章にするのが苦手なあなたにお勧めな1冊『20歳の自分に受けさせたい文章講義』

20歳が『20歳の自分に受けさせたい文章講義』を読みました。書評です。

経済学をゼロから学ぶ、初心者にやさしいおすすめ教科書・入門書4選

初心者が経済学を学ぶのに役立つオススメの教科書と入門書を紹介します。

『すべて真夜中の恋人たち』を読んで、選ぶことについて考えた

こんばんは。東京のひとです。 川上未映子『すべて真夜中の恋人たち』を読みました。 川上さんの本を読むのは初めてでしたが、本当に言葉を操るのが上手い作家さんだなと感じました。

『ピーターの法則』を読んで、自分もいずれ無能になってしまうことに絶望した

『ピーターの法則』は「なぜ無能が生まれるのか」という問いに組織論の視点から回答を試みた画期的な書籍です。

『下流老人』を読んで、貧困の解決策は経済成長しかないと感じた

少し前に話題になった『下流老人』を読んだ。本書は高齢者福祉の現場からのリポートという側面と、政策提言という側面がある。リポートは意義深いものだが、政策提言はいくぶん全体が見えていない感があると感じた。

ニコラス・タレブ『反脆弱性』書評① 反脆弱性とは

ニコラス・タレブ『反脆弱性』には、変化に対して強く生きる知恵が詰まっていました。

林公一『こころと脳の相談室名作選集』書評

林公一『こころと脳の相談室名作選集』書評。真実に対する姿勢を考えました。

強い人と弱い人 -中島義道『私の嫌いな10の人びと』書評

今日は、中島義道さんの『私の嫌いな10の人びと』を読みました。 徹底して集団の通念を疑う姿勢とシャープな文体が小気味良い本だったので紹介します。

嫌なことへの向き合い方 -ヴィクトール・フランクル『それでも人生にイエスという』書評

ナチの強制収容所を生き抜いたヴィクトール・フランクルの『それでも人生にイエスという』から、嫌なことへの向き合い方を考えました。

健康病 -『動的平衡』Part2

『動的平衡』第2部から、過度に健康を志向することの副作用と、それを予防するために私たちができることを考えた。

勉強する意味 -『動的平衡』第1章 感想

福岡伸一さんの『動的平衡』第1章から、勉強する意味を考えました。

三秋縋『君の話』感想

{ "@context" : "http://schema.org", "@type" : "Book", "name" : "君の話", "image" : "https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/416dwXpmfEL.jpg", "author" : { "@type" : "Person", "name" : "三秋縋" }, "datePublished" : "2018-11-17", "d…

心理学的に幸せを感じるたった1つの方法 -『しあわせ仮説』書評

こんばんは。 皆さん、幸せですか? 今日はジョナサン・ハイト『しあわせ仮説』をもとに、心理学的に幸せを感じる方法について書いていきたいと思います。

【スマホ中毒】ついスマホをいじってしまうたった1つの理由【解決法も】『モチベーション大百科』書評

「つい本を読んでしまう」とか「つい仕事をしてしまう」ということはないのに、 ついスマホをいじってしまうのは何故か。 『モチベーション大百科』から考えました。

大学に行く意味を計算してみた 『なぜ投資のプロはサルに負けるのか』感想

大卒という資格を金融商品とみなし、「期待リターン」と「コスト」を考察する。

時間はお金より大事 -『自分の時間』

アーノルド・ベネット『自分の時間』は、私にとって最も大切な本の1つです。 Time is moneyどころか、時間はお金より大事だよ、という話。

【スポンサーリンク】