東京の井戸

年間70冊読む20歳が、あなたに。読書と着想を。

【スポンサーリンク】

【2019 慶應通信】通信制大学でも使える学割制度総まとめ【随時追加】

f:id:afortressofliberty:20190316121406j:image

こんにちは。東京のひとです。

私は慶應通信で学んでいるのですが、地味に嬉しいのが学割の制度。

2018年の春に入学してから1年、学割を使い倒してみたので一挙に紹介したいと思います。

  • 学割を使うのに必要なものは?
  • ショッピング
    • パソコン・タブレット・スマートフォン
      • Apple 学生・教職員向けストア
      • Surface 学割
    • Amazon Prime Student
  • 音楽ストリーミング 
    • Apple Music →学割は使えない(慶應通信)
    • Spotify →使える
  • ソフトウェア
    • JetbrainsのIDE
  • おわりに

 

続きを読む

2週間かけてゼロからPythonを学んでみた

f:id:afortressofliberty:20190214191825j:image

こんにちは。東京のひとです。

めっきり書評を書かない間何をしていたかと言うと、プログラミングをしていました。

前からやろうやろうと思って先延ばしにしていたので、年始の暇な時間を使って始めてみたんですね。

結論、めちゃくちゃ面白い

今日はプログラミングをはじめてだいたい2週間経ったので、

  1. 2週間どのように勉強したか
  2. どんな人が向いているか

について書こうと思います。

 

  • プログラミングを学び始めて2週間でやったこと
    • 1. やろうと思ったきっかけ→発火
    • 2.形から入る:色々なサイトに登録
      • Udemy:宝石揃いの動画学習サイト
      • Progate:「はじめの一歩」に最適な学習サイト
      • GitHub:コードを共有できるプラットフォーム
      • Qiita:困ったらとりあえず駆け込む、プログラマの問題解決プラットフォーム
    • 3.とにかく手を動かす
      • 学習時間を記録するプログラムを書いてみた
  • まとめ:自分でモノを作る面白さ

 

続きを読む

【慶應通信 寄稿記事】文学部1類、卒論指導3回目の私がこれまでに辿った道のり(前編)

こんにちは。東京のひとです。文学部1類に在籍されていて、卒論指導3回目と卒業を目前に控えているゆいさんに入学から今に至るまでの道のりを語っていただきました。前編ではご本人に今までの慶應通信ライフを概観していただき、後編では私が1年目の視点で掘り下げたインタビューを掲載する予定です。

こんにちは。

文学部1類のゆいです。

いよいよ2019年4月入学の願書受付が始まりましたね!

私は2013年67期秋入学の学士課程です。

先週3回目の卒論指導登録をしましたので、卒業は2020年3月の予定です。

ええー!学士入学なのに7年もかかっちゃうんですか?

慶應通信ってそんなに大変なんですか?

さては、サボってたんでしょう?

今回は私の今日までの軌跡を振り返りながらこれらの質問にお答えします。

続きを読む

【西洋哲学史】レポート1発合格の参考文献と学習法を公開

 

寄稿記事

この記事は寄稿記事です。ゆいさんのブログはこちら

こんにちは、ゆいです。

 

西洋哲学史1は古代・中世の哲学的な思考法や哲学史上の知識を習得するための科目です。

 

レポート課題は、単に思想や概念を説明するのではなく、自分で選択したテーマについて論じるので難しく感じるかもしれません。でも、大丈夫です。今回は1発で合格した参考文献と学習方法を紹介します!

 

 

 

続きを読む

『ヒトラーの経済政策』感想

ヒトラーの経済政策の感想

こんばんは。東京のひとです。

今日は武田知弘『ヒトラーの経済政策』を読みました。

ヒトラーはホロコーストに代表される残虐な政策ばかりが有名で、世界恐慌にあえぐドイツをいち早く復興させ、経済的にめざましい成果をあげたことはあまり知られていません。

本書はあえてヒトラーの経済政策にのみ焦点を絞り、その功罪を公平な視点で分析した良書です。

続きを読む

本好きにオススメ!小説投稿サービス「scraiv」が面白い

活字投稿サイト「scraiv」のまとめ記事

こんにちは。東京のひとです。

今日は書評はお休みして、このあいだ見つけたWebサービス「scraiv」を紹介しようと思います。

活字コンテンツをメインにしながら、収益化のシステムなどかなり新しいと思ったので以下詳しく解説します。

続きを読む

三秋縋『スターティング・オーヴァー』感想

f:id:afortressofliberty:20181206014239j:image

こんにちは。東京のひとです。

三秋縋は、私が最も好きな作家のひとりです。彼が「げんふうけい」という名義でWeb上に小説をあげていた頃から、いつも更新を楽しみにしていました。

今日は、三秋縋の処女作『スターティング・オーヴァー』を紹介します。

続きを読む

【慶應通信】哲学は難しくない!苦手意識を払拭して楽しく学ぼう【哲学全般】

哲学に関する科目は、論理学、西洋哲学史I、西洋哲学史II、科学哲学があります。哲学は得意、不得意がはっきり分かれる分野です。哲学に苦手意識を持つ人でも、楽しく単位を学ぶ方法をまとめました。

続きを読む

【慶應通信】「西洋史」レポート1発合格の参考文献と学習法

こんばんは。東京のひとです。

西洋史は、テキストでは高校の世界史+αの内容を網羅的に学びます。

しかしレポートでは課題図書が指定され、比較的新しい歴史学の考え方の理解が問われるため、テキストの学習がレポートの課題解決に直結しない難しさがあります。

今回は西洋史のレポート作成までについて、1発合格した私の学習法を紹介します。

続きを読む

人生に即戦力!『まんがで読破』で即席の教養を身につけるオススメ3冊

f:id:afortressofliberty:20181202101854j:image

こんにちは、東京のひとです。

突然ですが教養、ありますか?

最近電車でこんな本を目にしました。きっと流行っているんでしょうね。教養。

 

教養の最たるものが古典です。今日は

教養をつけたい。時間はない。

という方に、最速で古典に触れる方法をご紹介します。

続きを読む

【スポンサーリンク】