東京の井戸

ディープな読書案内と、慶應通信tips。

【慶應通信】「哲学」レポート1発合格の参考文献と構成

こんばんは。東京のひとです。

「哲学」は慶應通信で2年目に配本される総合教育科目ですが、

テキストはかなり分厚く、難解なので受けない方も多いようです。

ただ試験はともかく、レポートは筋道を立てて展開していけばそこまで難しくはなかったので、

参考文献とともにレビューします。

 

  • 認識論を圧倒的にわかりやすく解説した参考文献
    • 認識論は、その歴史から入ると効率が良い
    • 認識論を歴史の流れに沿って学べる参考文献
  • 比較系レポートの難しさ
    • 「哲学」レポートを歴史で学ぶのが効果的なもうひとつの理由
  • おわりに

 

続きを読む

問いがなければ解決はない|『イシューからはじめよ』書評

こんにちは。東京のひとです。

仕事がうまくいかない。時間と労力は投下しているのに、前に進んでいる気がしない。

やらなければならない問題はわかっているはずなのに、正しいアプローチがわからなかったり、努力しても解決に近づいている実感がない。

今日は、そんな人に贈りたい珠玉の一冊を紹介します。

安宅和人氏の『イシューからはじめよ』です。

 

続きを読む

【慶應通信】「法学(憲法を含む)」レポートの参考文献と科目試験対策

こんばんは。東京のひとです。

先日、テキスト科目の「法学(憲法を含む)」を受けました。

今日は「法学(憲法を含む)」のレポート参考文献と科目試験について、つまりテキスト科目の単位を取得するまでの学習のポイントを解説します。

続きを読む

【慶應通信】夏期・夜間・週末・Eスク…6種類のスクーリングの特徴と注意点、スケジュールまとめ

こんにちは、東京のひとです。

慶應通信では、およそ7割の人が関東圏以外の場所から通学しています。

しかし慶應通信の卒業にはスクーリングで30単位*1の取得が必要なので、多くの人にとって卒業までに最も高いハードルになっています。

一方でスクーリングは通信生が教員から直接教わることができる数少ない機会であり、

テキストでの自習より学習が容易なのも事実です。

今日は、そんなスクーリングの種類や注意点、所要単位について網羅的に解説します。

*1:Eスクで最大10単位振り返ることができるので、通う必要があるのは最低20単位分

続きを読む

【慶應通信】「保健衛生」レポート1発合格の参考文献と注意点

こんばんは。東京のひとです。

今回は慶應通信のテキスト科目「保健衛生」のレポートについて、

参考文献と作成上の注意点を解説します。

 

  • 「保健衛生」を受ける際の注意点まとめ
    • そもそも卒業所要単位にカウントできる?!
    • レポートは手書き必須。ワープロで提出しないように!
  • 良かった参考文献まとめ
    • レポートの書き方
    • 肝炎の問題
    • 川崎病の問題
  • まとめ

 

続きを読む

「想起」が最強の学習法である理由|『使える脳の鍛え方』書評

『使える脳の鍛え方』書評

こんにちは、東京のひとです。

学生であってもなくても、日々は学びの連続です。

学びを「新しい知識を取り入れ、それを現実に適用すること」と定義するなら、

自動車の運転も、地下鉄の路線図も、取引先でのマナーも、

私たちが日々悩んでいることの大半は「いかに早く、正確に学ぶか」ということになるのではないでしょうか。

今日は、そんな「効率の良い学習法」に関して興味深い本があったので紹介します。

 

続きを読む

【2019 慶應通信】通信制大学でも使える学割制度総まとめ【随時追加】

f:id:afortressofliberty:20190316121406j:image

こんにちは。東京のひとです。

私は慶應通信で学んでいるのですが、地味に嬉しいのが学割の制度。

2018年の春に入学してから1年、学割を使い倒してみたので一挙に紹介したいと思います。

  • 学割を使うのに必要なものは?
  • ショッピング
    • パソコン・タブレット・スマートフォン
      • Apple 学生・教職員向けストア
      • Surface 学割
    • Amazon Prime Student
  • 音楽ストリーミング 
    • Apple Music →学割は使えない(慶應通信)
    • Spotify →使える
  • ソフトウェア
    • Microsoft Office
    • JetbrainsのIDE
  • おわりに

 

続きを読む

2週間かけてゼロからPythonを学んでみた

f:id:afortressofliberty:20190214191825j:image

こんにちは。東京のひとです。

めっきり書評を書かない間何をしていたかと言うと、プログラミングをしていました。

前からやろうやろうと思って先延ばしにしていたので、年始の暇な時間を使って始めてみたんですね。

結論、めちゃくちゃ面白い

今日はプログラミングをはじめてだいたい2週間経ったので、

  1. 2週間どのように勉強したか
  2. どんな人が向いているか

について書こうと思います。

 

  • プログラミングを学び始めて2週間でやったこと
    • 1. やろうと思ったきっかけ→発火
    • 2.形から入る:色々なサイトに登録
      • Udemy:宝石揃いの動画学習サイト
      • Progate:「はじめの一歩」に最適な学習サイト
      • GitHub:コードを共有できるプラットフォーム
      • Qiita:困ったらとりあえず駆け込む、プログラマの問題解決プラットフォーム
    • 3.とにかく手を動かす
      • 学習時間を記録するプログラムを書いてみた
  • まとめ:自分でモノを作る面白さ

 

続きを読む

【慶應通信 寄稿記事】文学部1類、卒論指導3回目の私がこれまでに辿った道のり(前編)

こんにちは。東京のひとです。文学部1類に在籍されていて、卒論指導3回目と卒業を目前に控えているゆいさんに入学から今に至るまでの道のりを語っていただきました。前編ではご本人に今までの慶應通信ライフを概観していただき、後編では私が1年目の視点で掘り下げたインタビューを掲載する予定です。

こんにちは。

文学部1類のゆいです。

いよいよ2019年4月入学の願書受付が始まりましたね!

私は2013年67期秋入学の学士課程です。

先週3回目の卒論指導登録をしましたので、卒業は2020年3月の予定です。

ええー!学士入学なのに7年もかかっちゃうんですか?

慶應通信ってそんなに大変なんですか?

さては、サボってたんでしょう?

今回は私の今日までの軌跡を振り返りながらこれらの質問にお答えします。

続きを読む

【西洋哲学史】レポート1発合格の参考文献と学習法を公開

 

寄稿記事

この記事は寄稿記事です。ゆいさんのブログはこちら

こんにちは、ゆいです。

 

西洋哲学史1は古代・中世の哲学的な思考法や哲学史上の知識を習得するための科目です。

 

レポート課題は、単に思想や概念を説明するのではなく、自分で選択したテーマについて論じるので難しく感じるかもしれません。でも、大丈夫です。今回は1発で合格した参考文献と学習方法を紹介します!

 

 

 

続きを読む

『知的生産の技術』を読んだ。勉強こそ「方法」が大事

f:id:afortressofliberty:20181210144018j:image

こんにちは、東京のひとです。

今日は梅棹忠夫『知的生産の技術』を読みました。

第94刷を数えるベストセラーである同書は、1969年の刊行でありながら、現在でもなお色褪せない「考える方法」を与えてくれる良著でした。

続きを読む

『動画2.0』を読んだ。活字の未来は暗い?

動画2.0の書評

明石ガクト『動画2.0 VISUAL STORYTELLING』を読みました。

これから動画中心のメディアに移行していく中で、活字は廃れていくのか。そんなことを考えました。

続きを読む

『ヒトラーの経済政策』感想

ヒトラーの経済政策の感想

こんばんは。東京のひとです。

今日は武田知弘『ヒトラーの経済政策』を読みました。

ヒトラーはホロコーストに代表される残虐な政策ばかりが有名で、世界恐慌にあえぐドイツをいち早く復興させ、経済的にめざましい成果をあげたことはあまり知られていません。

本書はあえてヒトラーの経済政策にのみ焦点を絞り、その功罪を公平な視点で分析した良書です。

続きを読む

本好きにオススメ!小説投稿サービス「scraiv」が面白い

活字投稿サイト「scraiv」のまとめ記事

こんにちは。東京のひとです。

今日は書評はお休みして、このあいだ見つけたWebサービス「scraiv」を紹介しようと思います。

活字コンテンツをメインにしながら、収益化のシステムなどかなり新しいと思ったので以下詳しく解説します。

続きを読む

三秋縋『スターティング・オーヴァー』感想

f:id:afortressofliberty:20181206014239j:image

こんにちは。東京のひとです。

三秋縋は、私が最も好きな作家のひとりです。彼が「げんふうけい」という名義でWeb上に小説をあげていた頃から、いつも更新を楽しみにしていました。

今日は、三秋縋の処女作『スターティング・オーヴァー』を紹介します。

続きを読む

【スポンサーリンク】