東京の井戸

慶應通信で学ぶ20歳の、学びと読書の記録。

本-社会と経済

『動画2.0』を読んだ。活字の未来は暗い?

明石ガクト『動画2.0 VISUAL STORYTELLING』を読みました。これから動画中心のメディアに移行していく中で、活字は廃れていくのか。そんなことを考えました。

『ヒトラーの経済政策』感想

武田知弘『ヒトラーの経済政策』書評。悪の権化のようなヒトラーだが、経済政策ではめざましい成功をおさめていた。いま一度、ヒトラーの功罪を問い直す。

『反脆弱性』書評② 個人の脆弱さと集団の脆弱さ、そして私たちのキャリア

ニコラス・タレブ『反脆弱性』書評第2回目の今回。個人の脆弱性と集団の脆弱性を考えて、自分のキャリアについて考えました。

経済学をゼロから学ぶ、初心者にやさしいおすすめ教科書・入門書4選

初心者が経済学を学ぶのに役立つオススメの教科書と入門書を紹介します。

『下流老人』を読んで、貧困の解決策は経済成長しかないと感じた

少し前に話題になった『下流老人』を読んだ。本書は高齢者福祉の現場からのリポートという側面と、政策提言という側面がある。リポートは意義深いものだが、政策提言はいくぶん全体が見えていない感があると感じた。

ニコラス・タレブ『反脆弱性』書評① 反脆弱性とは

ニコラス・タレブ『反脆弱性』には、変化に対して強く生きる知恵が詰まっていました。

【スポンサーリンク】