東京の井戸

慶應通信で学ぶ20歳の、学びと読書の記録。

本-哲学と心理学

強い人と弱い人 -中島義道『私の嫌いな10の人びと』書評

今日は、中島義道さんの『私の嫌いな10の人びと』を読みました。 徹底して集団の通念を疑う姿勢とシャープな文体が小気味良い本だったので紹介します。

嫌なことへの向き合い方 -ヴィクトール・フランクル『それでも人生にイエスという』書評

ナチの強制収容所を生き抜いたヴィクトール・フランクルの『それでも人生にイエスという』から、嫌なことへの向き合い方を考えました。

心理学的に幸せを感じるたった1つの方法 -『しあわせ仮説』書評

こんばんは。 皆さん、幸せですか? 今日はジョナサン・ハイト『しあわせ仮説』をもとに、心理学的に幸せを感じる方法について書いていきたいと思います。

【スポンサーリンク】