東京の井戸

慶應通信で学ぶ20歳の、学びと読書の記録。

考え方-私の意見

嫌なことへの向き合い方 -ヴィクトール・フランクル『それでも人生にイエスという』書評

ナチの強制収容所を生き抜いたヴィクトール・フランクルの『それでも人生にイエスという』から、嫌なことへの向き合い方を考えました。

学校不要論

学校って、いりますか?20歳が考えました。

努力はベクトル量である -『硫黄島からの手紙』

今日は朝から『硫黄島からの手紙』を見ていました。色々と示唆に富んでいたのでメモ。

【スポンサーリンク】