東京の井戸

慶應通信で学ぶ20歳の、学びと読書の記録。

本-小説

三秋縋『スターティング・オーヴァー』感想

こんにちは。東京のひとです。 三秋縋は、私が最も好きな作家のひとりです。彼が「げんふうけい」という名義でWeb上に小説をあげていた頃から、いつも更新を楽しみにしていました。 今日は、三秋縋の処女作『スターティング・オーヴァー』を紹介します。

『かがみの弧城』を読んで、中学の頃の繊細な感性を思い出した

学校に行けなかった過去を持つ20歳が、辻村深月『かがみの孤城』を読みました。

『すべて真夜中の恋人たち』を読んで、選ぶことについて考えた

こんばんは。東京のひとです。 川上未映子『すべて真夜中の恋人たち』を読みました。 川上さんの本を読むのは初めてでしたが、本当に言葉を操るのが上手い作家さんだなと感じました。

三秋縋『君の話』感想

{ "@context" : "http://schema.org", "@type" : "Book", "name" : "君の話", "image" : "https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/416dwXpmfEL.jpg", "author" : { "@type" : "Person", "name" : "三秋縋" }, "datePublished" : "2018-11-17", "d…

【スポンサーリンク】